当サイトではJavaScriptを使用しています
ブラウザ設定でJavaScriptを有効にしてご利用ください

Loading...

▲TOP

やぶスローライフ

やぶライフ Q&A

  • 移住の相談や空き家物件の現地視察についてどこに相談すればよいでしょうか?
    移住定住にに係る各種相談は、養父市移住定住相談窓口である田舎ぐらし倶楽部で受け付けています。空き家の現地案内や説明、利用者の希望に応じた空き家物件も紹介します。田舎ぐらし倶楽部では、行政や地域との連絡調整などを行い、安心して養父市に移り住めるよう支援いたします。
    養父市移住定住相談窓口
  • 移住を検討するときのポイントは?
    まず、移住してめざす生活を明確にすることです。「農業がしたい」、「定年後のんびり暮らしたい」、「自然のなかで子育てをしたい」など、目的が決まれば養父暮らしセミナー、あおぞら交流農園での農業体験、各種交流イベントなどに参加して、現地の人に出会ってみてください。本当に田舎暮らしか好きなのか?助け合いながらの暮らしになじめるのか?移住を検討し、実行するために役立ちます。
  • 移住された方が実際にどのような生活をされているか知ることができますか?
    インタビュー記事田舎暮らし倶楽部のフェイスブックがありますので、参考にしてください。またやぶ暮らしセミナーでは、移住OBとの交流会、お宅訪問を実施しています。ぜひご参加ください。
  • 養父市に移住支援制度はありますか?
    定住促進制度があります。上手に活用してください。
    詳しくは養父市ホームページ【定住促進制度】
  • 空き家バンクには、即入居物件がありますか?
    手を入れず住める物件は人気があり、すぐに契約済みになります。基本的に、購入、賃貸ともに自己負担で改修が必要で、オーナーとの交渉を含めると物件探し〜居住まで半年は要する覚悟が必要です。改修費用の目安は100万円前後〜。
  • 移住して農業で生計を立てたいがサポートはありますか?
    家庭菜園ならともかく、新規就農となるとハードルは高いです。県立農業大学校で1年間受講し、新規就農者と認定されて土地を手に入れても、通常は生産品を商品として出荷するのに3年は必要です。生計が立てられるまでに、かなりの準備資金が必要になりますが、就農が認められれば手厚い支援が用意されます。
  • 移住する地域には、入村料のようなものが必要でしょうか?
    移住にあたり一定額を徴収する集落は今も多く、共有財産が多い集落ほど高なる傾向にあり、払わなければ住みづらくなるケースもあります。
  • 移住先の人間関係は難しいのでは?
    祭りや清掃活動など地元の人にとっては当たり前のこと。移住先の風習や付き合い方も知っておくことが大事です。
  • 移住先ではどのようなことを心がけるべきですか?
    地域の一員として役割を果たし、積極的に交流してほしい。そうすれば、移住先の地元住民も快く受け入れてくれるはずです。
	

comming soon

close