当サイトではJavaScriptを使用しています
ブラウザ設定でJavaScriptを有効にしてご利用ください

Loading...

▲TOP

11月のイベント・花ごよみ

花ごよみ 日光院のイチョウ 

但馬妙見の日光院は妙見信仰の一大霊場で日本三妙見の一つとされる。6世紀、日光慶重の開創に始まり、山名宗全をはじめ、垣屋・八木・太田垣氏など但馬の有力武将たちの祈願所となりました。寺領は播磨、因幡にもおよび、中世にはその全盛が示されています。日光院文書は県指定文化財で、巻子本六巻などに仕立てられた合計133通の古文書です。内容は応永十四年(1407年)から天正七年(1579年)までに書かれた室町時代の寄進状です。
寺域は眼下に石原集落を見下ろす景勝の地で、境内には樹齢600年の大イチョウがあります。秋の紅葉の季節には黄色の絨毯を敷き詰めたような景色を楽しませてくれます

	

comming soon

close